検索エンジンといってもGoogleやYahooだけではない。中小検索エンジンを含んで考えると可能性は広がる。【後編】

なぜ、中小の検索エンジンに登録するのか、ですが。

それは、他のアクセスアップも当然施しますが、
初期の段階でどれだけの反応がでるか、
どの広告が美味しいかとかを即効で判断するには、
欠かせないからです。

だからといって、闇雲にしてるわけではないのです。

そのために欠かせないのが
「優良な検索エンジン」
のリストです。

前回の話しで言うところの、
ヤフカテからの被リンクに相当するようなものですね。

ここだけの話ですが、世の中には何事も専門業者がありまして、
アフィリエイトサイトを上位表示させるために特化して、
検索エンジンを運営しているところもあるのです。

もちろん、慈善事業ではなくて、多額のお金を集めて運営しています^_^;
検索エンジンなんで、もちろん一般の人も使えます。

知らずにリストにはいってたらラッキーってわけですね。
そう、ヤフカテ運営してたオールドドメインみたいなものです。
自分で探せば、最低必要経費で取得できますからね。

こうしたことにも投資して、リストストックをしているのですね。

これら厳選したリストをそのまま入手するというのは無理でも、
数の理論で効果をあげることは可能です。

つまり、

自動収集⇒自動登録する

というような検索エンジン登録ツールですね。

玉石入り混じるのは仕方なく、
また被リンク効果を高めようという部分よりも、
いち早く検索エンジンにインデックスさせよう
というのが最大のねらいです。

淘汰も早く、先にも書いたように当たり外れも多い検索エンジンですから
圧倒的な数を打つことで、マイナスのリスクを減らすのです。

その上で数の理論での被リンク効果を望むというわけです。
なんせ、圧倒的な数の登録ができるので、その効果が0.01であっても、
100個あれば1になる、1000個あれば10になる。
この1の違いが、一歩抜き出る要素になることも十分あるからです。
そして、自動集できるツールはリスト収集を自動でかけるので、
1000個とかでなく万単位で被リンクをかけることも可能になるのですね。

そこまでは通常はやりませんが(笑)

超短期間狙い撃ちのドメインが死んでもかわない、
というのであれば、実はまだ効果あります。
一過性で加熱する商品名サイトなんかでの仕掛けでは有効ですね。
アイフォンとかの予約サイトとかです。
一気に数千つけると、超短期ですがぐぐーーーと
上位にあがるということが可能なわけです。
すると数十万程度は稼げるので、ドメインが死んでも
マイナスにはならない、というような手法です。

またある程度の量があったとしても、
自動収集できるものの大半は実際登録できなかったりしますし、
また受付から登録まで1ヶ月以上かかるのもザラです。

なので実際はゆっくりとした被リンクにしかならないの場合が殆ど。
そういうことにこそツールって役立つわけですね。

実際、このツールなんて、以前は裏ツールで、
数十万で取引されてたものと仕様はいっしょですからね。
(※残念ながら現在販売停止中です。2015年09月現在)
⇒ かつて20万円はした裏ツールとほぼ同仕様

そのレターにも、実績がありますが、
効果はあると僕もいまだに実感します。

記事)Ken


当記事はお役に立ちましたか?メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。また、毎週週末にはアフィリに役立つプレゼント(バナー、キーワード集、コンテンツなど)を。 さらには、メルマガ読者だけの極秘サービスの紹介も。 そのサービスを利用した方達の実績報告は下記をクリック。

メルマガの登録はこちら

メルマガの登録

Kenへの質問・相談はこちらから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

甲原筧史郎(Ken)@管理人

Ken・甲原筧史郎
 稼げるアフィリエイターの仲間を増やすことを目指して、運営開始した私塾SNS【Ken通信】アフィリエイト講座V2は、開講してはや7年がたちました。会員メンバーは今や1000人を超えています。
 そんな僕がアフィリエイトについてどう考えているのか、なぜサイトアフィリエイターから、情報商材アフィリエイトをするのことにしたのか。そして、なぜアフィリエイター養成を目指してサポートSNSを運営しているのか。
 そんな裏話もちょこっと書いてみました。興味ある人は、プロフィールをご覧ください。
もっと詳しいプロフィールを見る。

Kenのメルマガ購読案内

メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。メルマガの登録はこちら

メルマガ購読


裏メルマガ

このページの先頭へ