【予告】Youtubeで劇薬のような効果。裏技でヤバいほど効率よく、さらには裏ツールで動画UPすらせずに手軽にチャンネル登録者を増やす方法。

久しぶりにヤバイツールを入手しました。

仕組みはシンプルなんだけど、
そこに気づくことってなかなかない。
非常にうまい仕組みです。

表示回数を増やす、ダイレクトにアクションする

Youtubeで表示回数を増やす、
アップしたての動画にもアクセスを増やすには、
チャンネル登録者を増やすのが
やっぱり近道です。

有料・無料を問わず登録者を増やす裏技方法。

アカウント凍結につながりやすい、
『第三者のコンテツ一致』
『商用利の確認など』
Googleからのシステム検知を逃れやすい
動画の裏制作方法。
(これ、その気になれば
いくらでも悪用できるので
良心のもと絶対に悪用はしないでください)

そして圧巻は、超・手軽に
チャンネル登録者を増やすツールです。
このツールにかかれば、
まだ動画すらアップしていない状態でも
チャンネル登録を増やせてしまうんですよ^^;

チャンネル登録してもらうのに
アカウントは当然必要なんですけどね。
その状態でも「チャンネル登録者」を増やせるんです。

※この仕組み自体が肝ノウハウなんで、
ここはお問い合わせいただいてもお答えできません<(_ _)>

テキストは少し整備が必要な気もしました

恐らく、少しでも早くこれを教えたい、
という気持ちからなのか、

あれも言いたい、
これも言いたい・・・

という感じのノウハウテキストになっていて、
最初読み勧めていくと、
「えっと・・・これはどの部分のノウハウだっけ」
ってなりそうなぐらい、
勢い良く製作されたテキストになっていました。

ですが、追加情報もこれからも出していくということですし、
実際、実績のある製作者兼製作者さんなんで、
かなり期待です。

ツールの設置自体は
かなりシンプルでサーバーにファイルをアップロードできるなら、
作業は問題なくできそうかと思います。

どんな手段をとっても、稼ぎたいという本気の人だけにオファーしたい

ということで、実は
1回限りのオファーが仕組まれています。

なので、今回の記事は【予告編】として、
自分にとって必要なものかどうか、
そこを考えてから、実際の【本編レビュー】に・・・
と思っています。

整理すると、

  • Youtubeでのアクセス収集のために、
    有料・無料を問わずにチャンネル登録者を増やす方法。
  • そしてその活用方法。
  • Googleからのシステム検知を逃れやすい
    動画の裏制作方法。
  • 劇薬のように動画すらアップせずに
    手軽にチャンネル登録を増やすツール。

のオファーとなります。

なお、動画すらアップせずに
チャンネル登録を増やせるツールのほうは、
月額プランと買取りプランがあります。

これはツールメンテナンスからいえば、
僕はかえって安心な価格構成だと考えています。
いろいろな時勢に対応する使い続けられるツールには
メンテナンスや仕様追加は欠かせません。

なので、継続してそのメンテナンス費用を確保する姿勢を持つほうが、
使い続けられるツールにしていくということに
つながると考えているからです。

ではでは、【本編レビュー】アップまでに、
考えてみてください。

記事)Ken


当記事はお役に立ちましたか?メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。また、毎週週末にはアフィリに役立つプレゼント(バナー、キーワード集、コンテンツなど)を。 さらには、メルマガ読者だけの極秘サービスの紹介も。 そのサービスを利用した方達の実績報告は下記をクリック。

メルマガの登録はこちら

メルマガの登録

Kenへの質問・相談はこちらから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

甲原筧史郎(Ken)@管理人

Ken・甲原筧史郎
 稼げるアフィリエイターの仲間を増やすことを目指して、運営開始した私塾SNS【Ken通信】アフィリエイト講座V2は、開講してはや7年がたちました。会員メンバーは今や1000人を超えています。
 そんな僕がアフィリエイトについてどう考えているのか、なぜサイトアフィリエイターから、情報商材アフィリエイトをするのことにしたのか。そして、なぜアフィリエイター養成を目指してサポートSNSを運営しているのか。
 そんな裏話もちょこっと書いてみました。興味ある人は、プロフィールをご覧ください。
もっと詳しいプロフィールを見る。

Kenのメルマガ購読案内

メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。メルマガの登録はこちら

メルマガ購読


裏メルマガ

このページの先頭へ