アクセスを集める、集客するための記事の書き方。後出しジャンケンのアクセスアップ。

サイトやブログを使用してアフィリエイトを行う上では、
どうしても欲しいもの、
それがアクセスですね。

一般の商店でいえば、集客にあたる部分です。

これをどうするか、といえば、
『記事で集める』
というのが本質なわけですね。

テンプレートやデザインももちろん要素なんですが、
本質はやはり
『記事で集める』
ことであり、それらを補助するのが、
テンプレートであったり、
デザインであったりなわけです。

そこで、このアクセスを集めるための記事について、
どうやって書いていくのかを考察していきます。

キーワードを疎かにしない

案外当たり前に思えて忘れがちなのが、キーワードの正確さです。
これはどういうことかというと、
そのキーワードって、『実際ネット上で検索されているキーワードか?』、ということ。

一昔前であれば、あえて『誤字キーワード』なんてのが
プチテクニックとして活用されたわけです。

特に固有名詞の誤字キーワードね。

例えば、占い師で有名な『細木数子さん』。

これを

細木カズ子
細木和子

なんかの誤字キーワードであえて書くわけですね。
日本語の変換ソフトで学習機能が低い場合などは
結構こうした変換がされますので、
このまま検索されたりするわけですね。

ですが、今では検索エンジンが随分優秀になって、
入力されている検索キーワードを
『実際に多く検索されているキーワード』
に勝手に変換して検索してくれたりします。

検索結果

こんな感じですね。

こうしたテクニカルな意味合いが無くても、
やはり実際検索されていないキーワードで記事を一生懸命書いても
検索されないことのほうが多いわけですから、
検索回数の多い少ないという視点ではなく、
実際検索されているキーワードかということは重要なわけです。

ネタは『疑問に思ったこと』を意識してみる

僕たちがネットを使用する理由のひとつは『疑問解決』だったりするわけです。

これって何?
これの意味は?
これってなんでこうなんだろう?

というようなことですね。
ということは、こうした記事は需要があるわけです。

そこで、あなたが扱う商品やサービスに関連して、
直接『売るための記事』ではなく、
『アクセスを集めるための記事』として
こうした疑問に思ったことをネタにして記事を書いてみるわけですね。

売ろう、売ろうとすると、
その商品のアピールばっかりの記事になりがちで、
そうなると本家サイト(その商品を実際に売っている広告主のサイト)と
内容が同じになってしまったり、
ライバルとも似たりよったりになってしまうわけですね。

そこに差をつけるためにも、
あなたの疑問をまず記事にしてみよう・・・
という視点でネタを考えてみるのです。

でもって、実際そのネタについてネットで調査してみます。

いくつか回答を得られたら、
それらをもとに、さらにプラスアルファの記事を書くのです。

コピーやパクリはいけませんよ。
『表現に対しては著作権』があるからです。
ですが、その知識や事実、アイディアネタは活用できます。

なので、得た知識を自分のことばで、
さらにプラスアルファの深堀りをして記事を書く、
ということですね。

これは後発組のメリットですね。
後出しジャンケンのアクセスアップともいえます。

このプラスアルファをであなたは頭ひとつ飛び出ます。
だって他よりも詳しい、わけですから、
訪問者に対しても信頼を得ることが可能になってきます。

こうした周辺記事がよりセールス記事、
売るための記事を引き立てるのですね。

これらを意識してみるだけでも
アクセスの質・量がかわってきだしますよ。

ネットで検索されているキーワードを集める

そして、こうしたキーワードを縦横無尽に集めるツールといえば。
やはりこれですね。
PPC広告をしないのであれば、ライト版で充分です。

⇒ http://ken-strategy.com/?p=250

記事)Ken


当記事はお役に立ちましたか?メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。また、毎週週末にはアフィリに役立つプレゼント(バナー、キーワード集、コンテンツなど)を。 さらには、メルマガ読者だけの極秘サービスの紹介も。 そのサービスを利用した方達の実績報告は下記をクリック。

メルマガの登録はこちら

メルマガの登録

Kenへの質問・相談はこちらから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

甲原筧史郎(Ken)@管理人

Ken・甲原筧史郎
 稼げるアフィリエイターの仲間を増やすことを目指して、運営開始した私塾SNS【Ken通信】アフィリエイト講座V2は、開講してはや7年がたちました。会員メンバーは今や1000人を超えています。
 そんな僕がアフィリエイトについてどう考えているのか、なぜサイトアフィリエイターから、情報商材アフィリエイトをするのことにしたのか。そして、なぜアフィリエイター養成を目指してサポートSNSを運営しているのか。
 そんな裏話もちょこっと書いてみました。興味ある人は、プロフィールをご覧ください。
もっと詳しいプロフィールを見る。

Kenのメルマガ購読案内

メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。メルマガの登録はこちら

メルマガ購読


裏メルマガ

このページの先頭へ