The Million Writing(宇崎恵吾さん)はテクニック・再現性にこだわったコピーライティングの攻略本。

さて、僕は過去においてかなり真剣に
コピーライティングを学ぼうと高額塾にはいったことあるんですよ。

コピーを制するものは全てを制す

とまではいかずとも、
こうした記事にしても
メルマガにしても、
また、メールでのやりとりにしても
「文章」を書くことから逃れることはできないな、
という事実もあり。

やっぱりコピーライティングは必要だぞ、
と、そう思ったわけです。

ただ、正直なところ、僕にとっては不本意な結果だったのですけどね。。。

やったことといえば、
いわゆる「写経」といわれる
まさかのセールレターの写し作業がメインで・・・
非常に観念的な添削と指導で、
具体的な落とし込みが出来ずにいました。

僕にはハードルが高かったです、はい。

その時におもったのが、
プロのライターまでを目指すつもりではなく、
もっとテクニカルに読んでもらえる記事の書き方を知りたい
ってな感じで充分なのになぁ・・・
ということ。

テクニックを1つ2つでも真似るだけでも
効果をあげられる、
そんなノウハウ集があったらいいのになぁ
ということを思ったわけです。

するとですね。

あったんですね、しかも僕が入った塾の100分の1の価格でw

The Million Writingです。

million-writing

The Million Writing

販売:株式会社イーブックジャパン
執筆:宇崎恵吾(K.Uzaki)

・何故ネットビジネスの経験などほぼゼロに等しかった“その男”が
たった1年で5億円以上の「利益」を稼ぎ出せてしまったのか。

・何故“その男”は誰に知られる事も無く、
ひっそりと業界トップレベルの収入を稼ぎ続ける事が出来たのか。

・何故、その他大勢の自称トップ起業家が年収数千万円程度の収入で満足している裏で
その男はその何十倍もの収入を人知れず稼ぐ事が出来ていたのか。

・何故“その男”のクライアントはネットビジネスのネの字もわからない状況から、
次々と数百万円単位の収入を稼ぎ出していったのか

・何故“その男”が作り上げたサイトは数年に渡り、
ありえないレベルの爆発的な売上を叩き出し続ける事が出来ているのか。

その答えが全て明かされています。

コピーライティングのノウハウ書であるので、
その実力は、実際その販売レターを見ると
ある程度は実感できるのじゃないかなと思います。

実際、商材本編では
このレターに施されている
多種多様のテクニックについて
非常に具体的に解説されています。

僕が陥ってしまった、
観念的でぼわっとしたような指導は一切なく、
すべてが論理的で明確な意図をもって
テクニックとしてノウハウ化されているのが
ありがたいですね。

すぐに使えるので。

ノウハウというのは、ある程度の再現性があることが
前提ともいえるので、
一見、観念的で感覚的な世界と思われがちな
文章を書く
ということを、この商材では、
システマチックに書かせてしまう、
そういう感じです。

ネットビジネスでの伝達媒体が
「文章」である以上、
このノウハウ・テクニックの数々は
非常に強力な武器ともなるわけですね。

ただ、もし、このレターが最後まで読むことが出来ず
苦痛に感じるとしたら、
正直「あってない」ともいえるので、
そこはそれでスルーでいいと思います。

万人にあてはまることは無いのですから、
その人はまた、別の切口での方法論があってるということなので。

⇒ The Million Writingです。

こちらには、僕の特典一式おつけしています。

少しでも、気持ちが動いたとしたら、
迷わず入手して正解かと思います。

記事)Ken


当記事はお役に立ちましたか?メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。また、毎週週末にはアフィリに役立つプレゼント(バナー、キーワード集、コンテンツなど)を。 さらには、メルマガ読者だけの極秘サービスの紹介も。 そのサービスを利用した方達の実績報告は下記をクリック。

メルマガの登録はこちら

メルマガの登録

Kenへの質問・相談はこちらから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

甲原筧史郎(Ken)@管理人

Ken・甲原筧史郎
 稼げるアフィリエイターの仲間を増やすことを目指して、運営開始した私塾SNS【Ken通信】アフィリエイト講座V2は、開講してはや7年がたちました。会員メンバーは今や1000人を超えています。
 そんな僕がアフィリエイトについてどう考えているのか、なぜサイトアフィリエイターから、情報商材アフィリエイトをするのことにしたのか。そして、なぜアフィリエイター養成を目指してサポートSNSを運営しているのか。
 そんな裏話もちょこっと書いてみました。興味ある人は、プロフィールをご覧ください。
もっと詳しいプロフィールを見る。

Kenのメルマガ購読案内

メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。メルマガの登録はこちら

メルマガ購読


裏メルマガ

このページの先頭へ