客寄せパンダ思考の補足。この手法はどのジャンルでも活用できる上、普遍的。

以前、物販アフィリノウハウとして書いた記事の補足になりますが、
この記事単独でも、ちょっとしたヒントにはなると思います。

以前の記事がこちら。
稼ぎにつながるキーワードを見つける思考方法と具体例。中でも客寄せパンダ思考は応用範囲が広く効果的。

客寄せパンダ思考の補足

何かの商品なりサービスなりをアフィリエイトする際は
どうしてもその商品名・サービス名にこだわりがちです。

ですが、世の中を見渡せば、同様の商品やサービスは
かなりあるはず。

たとえば、ダイエット食品ひとつにしても、
その数は膨大ですね。

そういた同じジャンルの商品の中で、
 ・テレビCM、雑誌で扱われているそれなりに知名度のある商品やサービス
 ・アマゾンや楽天で取り扱っている商品
 ・ 量販店でも売られてる、店舗でも売られてるようなメジャーなもの
といった、それなりに露出があって、かつ
 ☆ASP にない商品(⇐超重要)
という商品。

つまりアフィリエイターが殆ど参入しない「商品」「サービス」を
キーワードや題材として取り扱うのですね。

同じジャンルの商品なので、興味を引くユーザー層もかぶります。

『その商品もいいけど、こうした商品(本命の商品)の選択肢もありますよ』

『こういったサービス(本命のサービス)もあるのですがご存知ですか?』

という誘導を行うのですね。

さらに補足(笑)

さらには、その商品などが安いものであれば、実際購入して
商品掲載して記事を書くのもよいでしょう。

ダイエット食品なら100円前後のものもあったりします。

そうした姿勢が信頼も生みやすく、誘導先への興味を深めます。

ちょっとした変化球ですが、応用範囲は広いし効果がある手法です。

特にサテライトサイトやブログ記事におすすめです。

記事)Ken


当記事はお役に立ちましたか?メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。メルマガの登録はこちら

メルマガの登録

Kenへの質問・相談はこちらから。

Kenへの質問

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

甲原筧史郎(Ken)@管理人

Ken・甲原筧史郎
 稼げるアフィリエイターの仲間を増やすことを目指して、運営開始した私塾SNS【Ken通信】アフィリエイト講座V2は、開講してはや7年がたちました。会員メンバーは今や1000人を超えています。
 そんな僕がアフィリエイトについてどう考えているのか、なぜサイトアフィリエイターから、情報商材アフィリエイトをするのことにしたのか。そして、なぜアフィリエイター養成を目指してサポートSNSを運営しているのか。
 そんな裏話もちょこっと書いてみました。興味ある人は、プロフィールをご覧ください。
もっと詳しいプロフィールを見る。

Kenのメルマガ購読案内

メルマガではここでは書けない情報も提供しています。いまだけ「非売品アフィリエイトレポート」をプレゼント中。メルマガの登録はこちら

メルマガ購読


裏メルマガ

このページの先頭へ